夜勤専従看護師

夜勤専従看護師は激務って本当なの?



夜勤専従看護師として現在働いている人の中には、激務で体調を崩し転職を考える人がいるようです。 そのような人達は、夜勤専従看護師として働くことイコール激務というイメージを持ってしまい、やはり日勤で働いた方が良いのかと悩むことがあるといいます。

しかし、夜勤専従看護師として働くからといって、 必ずしも激務なのかというと、そういうわけではありません。

確かに、病院や診療科によっては、大変過酷な職場もあるといえますが、 休憩や仮眠をしっかりと取ることができる職場や、コンスタントに休み を取ることができる職場もたくさんあります。

そのため、あまりにも仕事が忙しく、体調が優れないということであれば、 早めに転職した方がよいでしょう。 基本的には、夜勤専従看護師の場合、アルバイトやパートでの勤務となり、 最初から常勤で働くことができるケースは少ないといえます。

ですから、勤務日数は平均すると、10日前後がほとんどのようです。 ただし、労働基準法で定められている日数はもう少々多く、4週4休と なっています。

また、変形労働時間制といって、1週間、1か月、1年の単位で計算し、 平均して1週間あたり40時間になれば問題がないことから、調整をしながら シフトを作成している病院もあるようです。

このように、病院や施設など勤務する場所によって、仕事の過酷さや 出勤日数等に違いがありますが、個人で求人を探す場合は詳細まで分かりづらいものです。

せっかく仕事が決まったにもかかわらず、職場の労働条件が過酷なままと いうことになると、また新たな就職先を探すことになりかねません。

そこで有効活用したいのが、看護師専門の求人情報サービスです。 近年、日本国内では慢性的な看護師不足が続いていることもあり、 どこの病院も常に看護師を募集している状態です。

しかし、夜勤専従看護師の募集の場合、表に求人情報が出るケースが 少ないことから、自分で探すには限界があります。

そのようなときに、看護師専門の求人情報サービスを活用すると、 夜勤専従看護師の求人案件が見つかりやすいだけではなく、 細かな条件を指定することも可能なため大変便利です。

看護師専門の求人情報サービスは、このような背景を踏まえた上で、 求人を紹介しており、また、あらゆる病院に関する情報を持っていますので、 病院の雰囲気や評判、勤務体制などについても事前に確認することが可能 だといえます。

あらかじめ、どのような職場かが分かっていれば、話が違うという行き違い もありませんし、仕事を続けやすくもなります。是非、利用を検討してみて はいかがでしょうか。

夜勤専従看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ

このページの先頭へ