夜勤専従看護師

夜勤専従看護師の職場事情ってどう?



夜勤専従看護師は、日勤で働くよりも高い収入を得ることができるため、最近希望して働く人が増えています。

収入面だけでなく、日中学校に通っている人や育児中のお母さんなど、ライフスタイルの兼ね合いで夜に働きたいという人にとっても魅力的な働き方です。


しかし実際に働いてみて、必要なときにお休みがもらえないと困ってしまいますし、できるだけ長く安定して働くためにも、夜勤専従看護師の職場環境について事前に理解しておきたいという人も多いのではないでしょうか。

そこでこちらでは、夜勤専従看護師の職場環境について深く掘り下げ、解説しています。 これから夜勤専従看護師として働きたいと考えている人の参考になれば幸いです。


夜勤専従看護師の職場事情について

人間関係はどう?

夜勤専従看護師としての働き方を希望する人には、日勤で看護師同士のコミュニケーションを取ることが苦手であるため、できるだけ関わりの少ない形で働きたいと考えている人も少なくありません。

実際に、夜勤専従の場合は日勤で働く人と関わることが少なく、申し送りや日勤でも働いている看護師が夜勤の当番で入っているときのみになりますので、多くの看護師と関わることを避けたい人にとってはメリットが大きいと思われます。


特に夜勤は人員が不足しており、夜勤のみで入ってくれる人を歓迎する傾向にありますので、働きやすいです。ただ、看護師同士の関わりが少ない分、仕事仲間を作りたいといったときに難しい場合があります。

仕事仲間が欲しいという人は、積極的にほかのスタッフと関わり、人間関係を構築していかなければなりません。


人間関係のわずらわしさを好まず、気楽に働きたいという人にとってはよい環境でるといえるでしょう。

休みはとりやすい?



夜勤専従看護師が休みを取りやすいかどうかという点については、「働く病院や施設による」ということになります。

1人で夜勤に入る職場では、やはり代わりの人がいないので休みを取りにくいですし、人員を厚めにシフトを組んでいる職場であれば、比較的休みを取りやすいです。


ただ、どの病院も人手不足であるために夜勤専従看護師を募集しているので、休みをいつでも取れるという職場は少ないと考えたおいたほうがよいかもしれません。

自分の体調が悪い場合でも、人が足りないために出勤を促される職場もあるようですし、育児との両立を考えて夜勤専従を希望されている場合は、お子さんの急な発熱時などを考慮した上で検討する必要があります。


面接時においても、育児中であることを伝えた上で、もしものときに配慮してもらえるようお願いしておくとよいですね。

ちなみに、求人媒体で常に募集がかけられているような病院は、深刻な人員不足となっている可能性がありますので、休みのとりやすさを重視したい人は応募を避けたほうがよいと思います。

子育てとの両立は可能?

お子さんの突発的な発熱や発病を除き、日中育児に専念できる夜勤専従看護師は、育児との両立がしやすい仕事であるといえます。ただ、やはりもしものときを考えるといろいろな不安がよぎりますよね。

大規模病院では、育児中の人でも安心して働けるよう、24時間体制の託児所や保育所を完備しているところもあります。


こうした病院であれば、近くに子どもがいるので安心です。病院によっては、病後児保育や小児科を併設しているところもあるそうですので、応募する際はこうした福利厚生が充実している病院を探すとよいでしょう。

とはいえ、育児中はどんなトラブルが発生するかわかりません。

せっかく就職した病院に迷惑をかけることがないよう、家族との連携やもしものときに頼れる祖父母などとしっかり話し合い、万全の体制で職務に臨めるよう環境を整えておくことは必須です。


夜勤専従看護師の求人情報を探すには?



夜勤専従看護師として働く際の注意点

プライベートと仕事を両立させるために夜勤専従看護師として働く場合は、アルバイトやパートといった非常勤で働くケースが多いと思われます。

非常勤でも安定してしっかり働くためには、面接時に夜勤専従看護師として働きたい理由をしっかり伝えておくことが大切です。


前述した育児のように、働く上で休みをいただく可能性があることや、何曜日は出勤できないなど、自分の希望を伝えた上でしっかり考慮してもらえる職場を選んでください。

ホームページも募集要項が記載されている病院もある

夜勤専従看護師の募集は最近増えていて、求人情報などでもよく見かけます。「この病院で働きたい」という希望がある場合は、病院のホームページに直接アクセスすると、求人情報を掲載していることが多いので、チェックしてみるとよいでしょう。

育児との両立に適した環境であるか、ブランクのある看護師に対するフォローがあるかという点においても、ホームページに記載されていることがありますので、しっかり確認してください。

転職サイトを活用すると便利

前述したように、働きたい病院が決まっている場合は別として、ひとつひとつ病院のホームページを確認するのはかなりの手間がかかります。

効率よく自分の希望する条件と見合った求人情報を見つけたい人は、転職サイトを活用するのがおすすめです


看護師のお仕事に特化して求人情報を掲載しているサイトもあるので、より多くの求人情報を見ることができます。

また、看護業界にはいろいろな福利厚生があったり、手当の種類も多いので、求人情報を見ただけでだと条件などをしっかり把握できないという人もいるようです。


転職サイトには専門のコンサルタントが在籍しているところもあり、相談に乗ってくれたり、自分に合った仕事を紹介してくれるサービスを提供しています。

自力での転職活動に不安があるという人は、ぜひ一度覗いてみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • ライフスタイルの兼ね合いから夜勤専従看護師を希望する人が増えている
  • 夜勤専従看護師の休みの取りやすさは、働く病院によって異なる
  • 看護師同士の関わりが少ない職場を希望する人はメリットが大きい
  • 託児所や保育施設の併設した病院だと、育児との両立がしやすい
  • 転職サイトを活用すると効率的に希望の仕事を見つけられる

夜勤専従看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ

このページの先頭へ