夜勤専従看護師

夜勤専従看護師に必要なスキルってどんなもの?



これから夜勤専従看護師として働くことを検討している場合、どのくらいのスキルが求められるのか、事前に理解しておきたいものです。 大きく分けると2つのポイントがありますので、1つずつみていくことにしましょう。

まず1つ目は、仕事の内容です。これは、勤務先となる病院や、診療科に よっても変わってきますが、基本的には病棟での勤務経験があれば、 すぐに仕事に慣れることができるといえます。

主な仕事の内容としては、点滴の管理や朝の検温と採血、体交、トイレ介助、 おむつ交換などがあるでしょう。数名の看護師で夜勤に入ることがほとんど ですが、救急外来の場合は1人ということもあるようです。 この辺りは、働く前に確認をしておく必要があるといえますね。

次に2つ目ですが、責任感です。これは、夜勤専従看護師にかかわらず、 医療に携わるすべての人に言えることですが、非常に大切なことの1つだと いえます。

どういうことかといいますと、夜勤専従看護師として働いていると、 日中に入院してきた患者さんの顔が分からないということがでてきます。

もちろん、引き継ぎを行いますので、病状を把握することは可能ですが、 多忙な時は確認が不十分となったり、顔と名前が一致しないということが あるものです。

そのような時に、万が一容態が急変することがあった場合でも、 適切な処置を行う必要があります。

ですから、病棟での勤務経験が全くないまま、夜勤専従看護師として 働き始める場合は、少々戸惑ってしまうことがあるかもしれません。

ただし、病院によっては、勤務初日から夜勤のシフトを入れるのではなく、 一定期間は日勤で働き、仕事に慣れてから夜勤専従となるケースが多いと いえます。

人の出入りが激しかったり、慢性的に人手が足りない病院だと、 勤務初日から夜勤というケースも考えられますが、そういった 病院で働くことが嫌であれば、最初から止めておけば良いだけです。

このように、2つのポイントについてご紹介しましたが、ブランクが あっても、元々病棟での勤務経験があれば、比較的早く仕事に慣れる ことができるといえますし、夜勤経験があれば尚更心配することはない でしょう。

また、病棟での勤務経験や、夜勤経験がなかったとしても、しっかりと 研修を行ってくれる病院を探すことで、比較的早く仕事に慣れることが できるといえます。

しかし、夜勤専従看護師の求人自体が少ないのに、その上細かな条件が 加わると、求人が見つからないのではないか?と不安に思うかもしれません。

確かに、自力で探すことは大変かもしれませんが、最近は看護師専門の 就職支援サービスを提供している企業が増えてきているため、利用して みると良いでしょう。

無料で登録することができますし、夜勤専従看護師を募集している求人を、 スムーズに見つけることが可能だといえます。

夜勤専従看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ

このページの先頭へ