夜勤専従看護師

夜勤専従看護師に必要なスキルってどんなもの?



夜勤専従看護師として働く場合、いったいどのようなスキルが必要になるのでしょうか?

一口に看護師といっても、就業先は様々。職場や配属される診療科によって求められるスキルは微妙に異なってきます。


これから夜勤専従看護師として働くことを検討している場合、自分が適しているのか確認する意味でも、どんなスキルが求められるのか、事前に理解しておきたいものです。

ここでは、夜勤専従看護師に必要なスキルについて見ていきたいと思います。


夜勤専従看護師に必要なスキル

夜勤専従看護師は、少ない日数で高収入を得ることができるため、一部の看護師に人気のある働き方です。 しかし、日中とは環境が異なるため、誰でも簡単に務まる仕事ではありません

夜勤専従看護師は、日中に比べて少ない人数になりますので、何かあった時にきちんと対応できるよう1人1人に高いスキルが求められるのです。

(1)業務経験

夜勤看護師の就業先といえば病棟が一般的です。

病棟での主な仕事の内容としては、点滴の管理や朝の検温と採血、体交、トイレ介助、 おむつ交換などがあります。こうした基本的な業務の経験やスキルは、夜勤専従看護師として働く上で第一に求められます。

(2)判断力



施設の場合は基本的に常駐する医師がいないため、体調不良を訴える入居者がいたときは、救急車を呼ぶべきなのかオンコールで医師に相談するべきなのか、看護師が判断しなくてはなりません。

また、病棟における夜勤は数名の看護師で入ることがほとんどですが、救急外来の場合は1人ということもあります。救急外来では、迅速かつ適切な対応が求められますので、緊迫した環境でも業務を遂行するための判断力も必要になってきます。

(3)責任感

夜勤専従看護師として働いていると、日中に入院してきた患者さんの顔が分からないという事態が出てきます。

もちろん、引き継ぎを行いますので、病状を把握することは可能ですが、 多忙な時は確認が不十分となったり、顔と名前が一致しないということがあるものです。


夜勤は患者さんの容態が急変しやすい時間帯ですので、患者さんの様子を観察して些細な変化も見逃さないようにします。

万が一容態が急変することがあった場合に備えて、適切な処置を行うための手腕や責任感が求められるのです。


責任感というのは、夜勤専従看護師にかかわらず、 医療に携わるすべての人に言えることですが、非常に大切なことの1つだといえます。

(4)体力



人間は、朝起きて日中働いて、夜は睡眠をとって体を休めるというのが通常の生活リズムです。夜勤はその逆になるわけですから、生活リズムが崩れて体調を崩しやすくなってしまいます。

太陽の光を浴びないことが原因で、うつ病や不眠症などを引き起こす可能性もあります。ただでさえ看護師の仕事は体力や精神力を使いますので、やりたい気持ちだけでは業務を全うすることができません。

夜が苦手であったり、体力に自信がない人は夜勤専従看護師として働くことが難しいと言えるでしょう。


日勤で慣らしてから夜勤専従になるケースが多い

病棟での勤務経験が全くないまま、夜勤専従看護師として働き始める場合は、少々戸惑ってしまうことがあるかもしれません。


ただし、病院によっては、勤務初日から夜勤のシフトを入れるのではなく、一定期間は日勤で働き、仕事に慣れてから夜勤専従となるケースが多いといえます。

人の出入りが激しかったり、慢性的に人手が足りない病院だと、 勤務初日から夜勤というケースも考えられます。不安があるのであれば、入職する前に電話で確認しておく必要があるでしょう。


夜勤専従看護師として転職するなら・・・



以上、夜勤専従看護師に必要なスキルについてご紹介しましたが、「ブランクがある看護師には無理?」「未経験は夜勤専従看護師になれないの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。


ブランクがあっても、元々病棟での勤務経験があれば、比較的早く仕事に慣れることができるといえますし、夜勤経験があれば尚更心配することはないでしょう。

未経験の場合は、看護師数の少ない施設での夜勤は難しいと言えますが、夜勤体制の整った病棟であれば可能な場合もあります。しっかりと研修を行ってくれる病院を探すことで、比較的早く仕事に慣れることができるでしょう。

求人探しにお困りの方は「看護師転職サイト」をチェック!

夜勤専従看護師の求人自体が少ないのに、その上細かな条件が加わると、求人が見つからないのではないか?と不安に思うかもしれません。

確かに、自力で探すことは大変かもしれませんが、最近は看護師専門の就職支援サービスを提供している企業が増えてきているため、利用してみると良いでしょう。


無料で登録することができますし、夜勤専従看護師を募集している求人をスムーズに見つけることが可能だといえます。

また、コンサルタントに転職について相談したりアドバイスをもらうこともできます。最初から夜勤専従として勤務するのか、日勤で慣らしてから夜勤専従へと転向することも可能なのか、そういった求人先の情報について聞き出してみましょう。


初めての転職に不安がある方は、ぜひ利用してみてくださいね。

夜勤専従看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ

このページの先頭へ