夜勤専従看護師

訪問看護師として働く前に知っておくべきこと



最近、需要が伸びているのが訪問看護師の仕事です。病院に所属せず、患者さんの居宅で看護業務を行なう仕事は看護師にも人気があります。給与水準が高くメリットの多い仕事ですが、実際に業務に就く前に知っておくべきこととは何でしょうか?

ここでは訪問看護師の仕事内容とともに、知っておくべき法律や制度を分かりやすくまとめてみました。ぜひ、みなさんの求職活動に役立ててください。


訪問看護師の仕事とは

訪問看護師は患者さんの居宅に訪問して看護をする仕事です。

一般の看護師は病院やクリニックで外来や病棟の患者さんを看護します。それに対し、訪問看護師は自宅で療養している患者さんの看護をするという違いがあります。

訪問看護・訪問看護師とは?

訪問看護とは、自宅など医療機関以外で療養中の患者さんを訪問し、看護師が看護を行なうサービスのことです。こうした看護サービスを行なう看護師を訪問看護師といいます。

訪問看護師が行なうのは、疾病または負傷によって居宅で療養中の患者さんへの療養上の世話と診療補助です。看護師は医師の指示のもと訪問看護を行ないます。


昨今は病院などではなく自宅での療養を希望する患者さんが増えています。そのような患者さんやご家族の意思に尊重し、在宅療養が可能になるよう支援するのが訪問看護師の役割といえるでしょう。

訪問看護の目的

訪問看護の目的について、厚生労働省では次のように説明しています。

(1) 患者本人や家族の思いに沿った在宅療養生活の実現
(2) 患者の健康の維持や回復、QOL(生活の質)の向上
(3) 専門性を発揮した予防から見取りまでをサポート
(4) 24時間の電話相談や必要な場合は緊急訪問看護の提供

訪問看護師の仕事内容



次に、訪問看護師が担当する主な仕事内容を紹介します。ただし、仕事内容は看護する患者さんによって違いがあり、以下に挙げるものは代表的な例と考えてください。


・患者さんの健康状態の観察と判断
バイタルチェック、全身状態の確認、判断 ほか

・医療処置
カテーテル交換、経管栄養、たん吸引、点滴、酸素療法管理 ほか

・療養上の世話
食事介助、体位交換、入浴介助、排泄介助、褥瘡防止ケア ほか

・生活相談への対応
療養環境のアドバイス、福祉用品に関するアドバイス ほか

・リハビリテーション
機能回復ケア、栄養指導、呼吸機能の維持や低下予防 ほか

・ご家族への対応
療養上の看護知識、支援利用の紹介、相談へのアドバイス ほか

・ターミナルケアの実施
痛みの改善や緩和、QOL向上のサポート ほか

<関連記事>
夜勤専従看護師は激務って本当なの?


訪問看護師の求人先は?



主な求人先は訪問看護ステーションです。訪問看護ステーションとは、医師の指示によって訪問看護などを行なう事業所のことです。

訪問看護ステーション運営を主に行なう事業所と、病院など医療機関が運営する事業所の2種類が主流ですが、いずれも訪問看護ステーションであることに違いはありません。

訪問看護師として働く前に知っておくべき法律や制度

訪問看護師は給与レベルも高く、新しいワークスタイルとして注目されています。その一方で従来の病院やクリニック勤務とは違う面もあり、法律や制度に関する知識も必要です。

まずは訪問看護師の仕事をする前に、次のような法律や制度を知っておきましょう。

看護業務に関連するもの

・保健師助産師看護師法
保健師や助産師、看護師の定義や業務、罰則について定めた法律

・医師法、歯科医師法
医師や歯科医師の業務上の義務を定め、質の高い医療を確保するための法律

・薬剤師法、栄養士法
薬剤師の任務や業務、義務について定めた法律。および栄養士の職務や資格について規定した法律

・理学療法士および作業療法士法
理学療法士と作業療法士の業務が適正に行われるよう定められた法律

・社会福祉士および介護福祉士法
社会福祉士と介護福祉士の業務の適正を図り、社会福祉の増進に寄与するよう定められた法律

・介護保険法
要介護の基準やサービス運営基準、公的介護保険について定められた法律

訪問看護に関連するもの



・老人保健法
高齢者の疾病予防、治療など、健康保持や医療の確保を図るための法律

・健康保険法
事業所の従業員と被扶養者を対象とした健康保険に関する法律

・国民健康保険法
自営業者や無職者などを対象とした健康保険に関する法律

・生活保護法
生活に困窮した人を保護し、自立を支援するための法律

・障害者自立支援法
障害の種類に関わらず共通制度を設けて自立支援を行なうための法律

・身体障害者福祉法
身障者の自立と社会参加を支援し、福祉の増進を目的とした法律

・知的障害者福祉法
知的障碍者の自立と社会参加を促進して福祉を図るための法律

・精神保健および精神障害者福祉法
精神障碍者の医療と保護を行ない、自立と社会参加を図るための法律

・母子保健法
母性、乳幼児の健康の保持と増進を図り国民保健の向上に寄与するための法律

・児童福祉法
児童が適切に養育され生活を保障されることを目的とした法律

・雇用保険法
失業給付や雇用の安定、就職の促進を図るための法律

・労働基準法
労働契約や賃金、労働時間、安全など労働条件の基準を定めた法律

以上が訪問看護師として働くうえで知っておきたい主な法律や制度です。


法律や制度と聞くと難解なものと思いがちです。しかし、法律や制度は国民が安全安心に働いたり生活することを目的に定められています。その意味では自分自身の仕事や生活にも大きく関わってくるので、必要な知識は必ず得ておきましょう。

<関連記事>
夜勤専従看護師が知っておきたい夜勤関連の法律


訪問看護師として働くには、訪問ステーションへの転職が適しています。その際、転職を有利に進められる看護師専門の転職支援サイトを利用してみてはいかがでしょうか。


看護師専門の転職支援サイトでは豊富な求人情報がそろっているので、みなさんの希望に合った求人先が見つかりやすいですよ。

<訪問看護師として働く前に知っておくべきことのまとめ>

  • 患者さんの自宅を訪問して看護するのが訪問看護師
  • 健康状態の確認や医療処置、療養上の世話を行なう
  • 生活相談への対応やリハビリのサポートも仕事のひとつ
  • 主な求人先は訪問看護ステーションである
  • 医療や看護、社会福祉法、介護保険法などの知識が必要
  • 障碍者や母子保健、労働基準法などの法律も知っておこう

夜勤専従看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ

このページの先頭へ