夜勤専従看護師

派遣看護師のメリットを上手く活用して働くポイントは?



正社員以外の働き方としてパートやアルバイト以外に「派遣」という選択肢があります。女性が多く、生活や環境に合った働き方が求められることもあり、派遣を希望する看護師は珍しくありません。

派遣看護師という働き方にはメリットだけでなくデメリットもあり、また派遣だからこそ注意したいポイントがあります。

派遣というスタイルを活かして働くため、看護師の派遣について理解を深め、派遣に向いているかどうか、派遣の働き方のバリエーションについても学んでおきましょう。


看護師の派遣とは?

派遣を雇用するのは派遣会社

正社員、パート、アルバイト看護師は、病院などの医療機関に直接雇用されますが、派遣看護師は派遣会社に雇用され、そこから各医療機関へと派遣されて働いています。

そのため派遣看護師の給与は派遣会社から支払われ、社会保険や福利厚生などの待遇は、働く医療機関ではなく派遣会社のルールに準じます。


派遣先は病院だけでなく、健診センターやデイサービス、介護施設など様々です。子育て中、介護中、資格取得のための勉強や趣味のための時間を確保したいなど、時間を区切って働きたい方に合った働き方です。

法律によって勤務期間は限られる

派遣看護師の特徴として大きいのが、勤続可能期間が限られているという点です。派遣という雇用法はそもそも、直接雇用のスタッフが揃うまでの人手不足の解消のために設けられたものであり、派遣期間は法律により3年と決まっています

そのため、3年でいったん解雇し、一定期間をおいて再雇用するかたちをとらなければなりません。

複数の派遣看護師がいれば、そのトータルの勤務期間が3年まで、という意味であり、多くの場合1~1年半程度が最大の派遣期間になります。どの程度勤続可能な職場なのかは、あらかじめ確認しておくようにしましょう。


派遣看護師のメリットとは?



給与条件が良い

同じ時給制でも、アルバイト・パートと比較すれば派遣の時給額はかなり高めです。ボーナスが無くても手取り額が高いので、正社員とさほど変わらない年収を得ることも可能です。給与水準が低めの地方や施設でも、派遣であればある程度の収入を期待できます。

スタッフが少なくなる夜勤帯での派遣求人がは多いですが、夜勤手当がプラスされればさらに高収入を望めます。

自分の都合に合わせて働ける

自分の生活に合わせて、働ける時間や期間で働くことが出来るのは派遣の大きな魅力です。例えば家事や育児の時間をきちんと確保しつつ、看護師の仕事でやりがいを感じることができます。

人間関係に煩わされない

看護師の悩みとして多いのが人間関係ですが、派遣看護師は「外部の人間」として扱われるので他のスタッフと一定の距離を置くことができ、派閥や対立、いじめなどのトラブルに巻き込まれにくい傾向があります。

人間関係でも仕事内容でも、問題があれば派遣会社に相談して対処してもらうことができるので安心です。派遣会社の担当スタッフから、派遣先の職場環境について事前に情報を得られるのも嬉しい点です。

残業や業務外の仕事は免除

直接雇用の社員やアルバイトではサービス残業になってしまうことがありますが、派遣看護師はその立場が派遣会社によって守られているので、必ず残業手当を請求できます。そのため基本的に残業はなく、よほど忙しいときでなければ頼まれることもないでしょう。

責任が伴う仕事は派遣には割り振られないため、係や委員会、勉強会といった勤務時間外の活動は、だいたい免除されます。


派遣看護師に向いている人は?



こんな人に派遣がおすすめ

時間や期間を区切ってしっかり稼ぎたい人は、派遣看護師に向いています。必ず定時で帰宅する必要がある育児中の方などが、ぴったり当てはまりますね。集中して働く時期と休暇の時期を分けたい、オンとオフをしっかり分けたいというスタイルの方に向いていますね。

頑張れば正社員看護師にも劣らない年収も夢ではありません。ただし高時給である分、仕事のレベルの高さが求められることを覚えておきましょう。


人間関係の快適さを重視したいという方にも、派遣はおすすめです。女性が多い職場での長時間勤務では、看護師同士だけでなく医師、患者、他スタッフとの関係など、ストレスが溜まりがちです。

派遣であればそのようなストレスが軽減されますし、我慢が出来なければ派遣会社に相談したり、契約を更新しないという選択ができます。

こんな人は派遣に向かない

同じ職場で長く働きたい、キャリアアップしたいという方には、派遣という働き方は向いていません。先述のように、法律で派遣の雇用は最長でも3年までと決まっていて、多くの場合1年~1年半ほどで派遣終了となります。

「働き心地がいい」と感じて継続したくてもそうはいきません。ただし後述で挙げる「紹介予定派遣」であれば、勤続の可能性があります。


正社員と同じ仕事をこなしていても、契約期間が短い派遣では責任あるポジションに就くことが出来ません。看護師としてのキャリアアップを重視する場合には派遣は不向きです。

派遣は「すでにスキルを持っている人」として雇用されるので研修がほとんど期待できず、看護師としてのスキルにある程度の自信が無いと務まらない可能性があります。


そのほか派遣の場合、昇給がない、看護師寮へ入寮出来ない、ローン審査の条件が厳しくなる、育休取得のためのハードルが高いといった事情があります。派遣が向いているかどうかの判断時にチェックしておきたい項目です。


紹介予定派遣という働き方も



紹介予定派遣とは

紹介予定派遣とは、派遣として一定期間勤務した後、その職場で直接雇用の正社員になるかどうかを選べる制度です。派遣としての勤務は最大で6ヶ月間ですが、約3ヶ月で契約を移行するケースが多く見られます。

紹介予定派遣のメリット

紹介予定派遣の最大のメリットは、派遣社員と勤務先、双方のミスマッチを防げるという点です。

派遣として働く間に、派遣社員側では働き続けたい職場かどうか、勤務先の施設では雇用したい看護師かどうかを見極めることができます。こうして紹介予定派遣では、より自分の希望に合った職場を選ぶことが可能です。


紹介予定派遣を経験した看護師からは、「これまでは面接の際の印象と働いてからの環境のギャップが大きく、長く勤められる職場がなかなか見つけられませんでした。

紹介予定派遣にしてからは、働きながら環境やスタッフの人柄を確認できて、正職員になった後のミスマッチがなくなりました」といった感想が聞かれます。

派遣会社はどう選ぶ?

看護師専門の派遣会社であれば、医療施設との関係が濃く、ある程度の交渉力を期待できます。また大手の会社では、福利厚生が充実し、扱う求人数が多い傾向があります。このようなポイントだけでなく、何かあった時にも頼れるよう、担当者の人柄も重要です。

なかには、雇用保険や健康保険、厚生年金の加入条件を満たしているにも関わらず、あえて手続きを行わないといった会社も見られ、そのようなルールがしっかりしているかどうかも、派遣会社選びで確認しておきたいところです。


派遣会社をどう探せばいいのか、どんな派遣先があるのかを知りたいときには、看護師専門の転職サイトへの登録をおすすめします。

転職や派遣について具体的な情報を得たり、選任のエージェントに色々と相談することができきます。派遣期間終了時に次のお仕事を見つける際にも、頼りになります。

<派遣看護師のメリットを上手く活用して働くポイントは?・まとめ>

  • 派遣会社に雇用され、多くは1~1年半の期限
  • 高時給で、時間、期間を区切って働ける
  • トラブルに巻き込まれにくく、残業は免除
  • 時間を割り切り、人間関係に煩わされたくない方に向いている
  • 落ち着いてキャリアアップしたい場合には向かない
  • 継続勤務を考える場合、紹介予定派遣がおすすめ

夜勤専従看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ

このページの先頭へ