夜勤専従看護師

オペ室の看護師ってどんなことしているの?



オペ室(手術室)担当の看護師は、優れた判断力や経験が必要な仕事です。それだけに看護師としての能力が高いと認められる職種であり、看護師の憧れの仕事のひとつといえるでしょう。

高い評価を得られるオペ室看護師ですが、具体的にはどんな仕事をしているのかを詳しくまとめてみました。オペ室勤務を考えている看護師の方は、ぜひご参考になってみてください。


オペ室勤務の看護師の仕事とは

オペ室看護師の仕事は大きく分けて3種類あります。それが「器械出し」「外回り」「術前後の関連業務」です。

手術は医師を中心とするオペチームが担当し、看護師は執刀医が円滑に手術を行なえるようサポートする役割を担っています。


オペチームには手術を行なう執刀医、それを介助する助手(医師2~3名程度)、麻酔を担当する麻酔科医、オペ室担当の看護師(2名程度)、医療機器の操作を担当する臨床工学技士などが所属するのが一般的です。

以下にオペ室勤務の看護師が担当する仕事内容を見ていきましょう。

器械出し(直接介助)

オペを直接的に介助するのが、通称「器械出し」と呼ばれる看護師です。器械とはオペに使用する手術用具のことで、メスやコッヘル、ピンセットなどが代表的です。器械出し担当の看護師は執刀医の近くにスタンバイし、医師の指示にしたがって手術用具を手渡したり準備や整理を行ないます


テレビの医療ドラマの手術シーンでは、執刀医に「メス!」と言われると素早く用具を手渡す看護師が登場しますね。これが器械出し担当看護師のイメージと考えればいいかもしれません。

器械出し担当の看護師の仕事は、単に手術用具を手渡すだけではありません。医師が用具を使いやすい状態に整えておいたり、手渡す適切なタイミングを見計らう、使用済み器具を素早く整理する等の役割も担っています。

外回り(間接介助)



通称「外回り」はオペを間接的に介助する看護師です。器械出しのように執刀医の間近に控えているのではなく、医師や患者さんを囲む輪の外で業務を行なうため外回りと呼ばれています。オペが円滑かつ安全に実施されるよう、オペ室全体のケアを担当するのが外回り担当の看護師の仕事といえるでしょう。


具体的には、手術中の出血量のカウントをしたり、状況に応じて輸血液や薬剤を取りに行く、手術中の記録をつける、患者さんの安全や倫理的な配慮を行なうなどが主な業務となります。

外回りはオペ室全体の状況を把握し、臨機応変に対処しなくてはならないので経験不足の看護師には務まらない仕事といわれています。そのため器械出しよりも経験や実績のあるベテラン看護師が担当することが多いようです。

<関連記事>
誰でも夜勤専従看護師としてすぐに働けるの?

手術前後の関連業務

オペ室勤務、オペ担当看護師の重要な仕事のひとつが「手術前の準備」や「患者さんのケア」「手術後の後片付け」です。これらの業務は器械出し・外回り担当の看護師が分担して行ないます。

手術前後のオペ室看護師の主な仕事を挙げてみましょう。


・患者さんの情報収集とケア
手術を受ける患者さんと顔合わせをし、アレルギーの有無などの情報収集を行ないます。同時に患者さんが安心して手術を受けられるよう、質問に答えたりアドバイスなどをします。

・手術前の諸準備
オペ用器械の準備とセッティングと確認、医療機器や薬剤の準備、室温調整などオペ室の準備、患者さんの本人確認、病棟看護師からの引継ぎ、患者さんの手術準備(モニター類の装着、麻酔導入の介助、体位固定等)を行ないます。

・手術後の後片付け
患者さんの退室の介助、リカバリー室での述語観察、患者さん退出後のオペ室の片付け(医療機器、器械、薬剤等)を行ないます。


以上が標準的なオペ室勤務の看護師の仕事内容です。こうした仕事内容は病院によって違いがあるほか、手術内容や患者さんの状態によっても異なります。


オペ室勤務に向いてる看護師は?



オペ室勤務の看護師の仕事内容を読んで、「少しむずかしいな」「私に向いているかしら」と感じた方もいるかもしれません。実際問題として、オペ室勤務に向いている看護師とはどんな人なのでしょうか。

コミュニケーション能力が高い人

オペ室の業務はチーム医療として行なわれます。執刀医、助手、麻酔医、看護師、臨床工学技士、放射線技師、看護助手など、職種の異なる多数のスタッフと協力して業務にあたらなければなりません。

しかもオペチームは常に一定ではなく、手術の都度新しいスタッフと組んで働くのが一般的です。そうしたスタッフと協力しながらオペを成功させるために、オペ室勤務の看護師には高いコミュニケーション能力が求められるのです。

冷静かつ心身ともにタフな人

オペ室勤務の看護師に向いているのは、常に冷静で適切な判断ができる人です。手術中にはどんな出来事が発生するかは誰にも予想できません。どのような事態が起こっても、動揺することなく冷静に判断できることが肝心です。

その意味でも精神的にも肉体的にもタフである必要があります。少しくらいのことでは挫けないし落ち込まない、体も丈夫だし心も強いという人はオペ室勤務に向いています。オペ室の仕事は長時間立ちっ放しのことも多いので、体力的なタフさも求められるでしょう。

マネジメント能力がある人

オペ室での仕事で、個々のスタッフが即時的に判断を下し行動する必要があります。同時にチーム医療として、スタッフがお互いに助け合ったり協力することが求められます。

オペ室勤務の看護師は、そうしたスタッフ同士の連携を円滑に進めるという役割もあるため、一定以上のマネジメント能力が必要です。手術前の準備段階からオペ中のマネジメント、手術後の患者さんのケアなど、すべてにマネジメント能力が求められるわけです。

<関連記事>
夜勤専従看護師に必要なスキルってどんなもの?


オペ室への転職、注意点は?



看護師としての強いやりがいを感じられるのがオペ室の仕事です。ただし、転職に際しては次の点に注意しましょう。

給与レベルは高くない

ハードワークが必要なオペ室勤務の看護師ですが、給与レベルは特に高いとはいえません。看護師全般の年収と比較しても、オペ室勤務の看護師はさほど変わらないレベルです。

看護師全体の平均年収は470万円程度ですが、オペ室勤務の看護師は夜勤ありで480万円と少し高めな程度となっています。仕事がハードな割には給与レベルは高くないので、転職で収入アップを期待する人には適していないかもしれません。

不規則な勤務体制で苦労する

オペ室勤務の勤務体制はちょっと特殊です。勤務スケジュールは執刀医や患者さんに合わせて計画されることが多く、なかなか予定が立てられないというデメリットがあります。

普通の日勤や夜勤をこなしながら、自宅待機(オンコール)当番も担当しなければならないので苦労と感じる人もいるようです。待機中は常に緊張感があり、飲酒や外出を控えるという看護師も多いことを知っておきましょう。

精神的なストレスが多い

オペ室の仕事はチームワークが重要です。といっても常に同じスタッフで仕事をするのではなく、手術ごとに異なるスタッフとチームを組んでオペにあたらなければなりません。

こうした状況下で難易度の高いオペをする場合、強い精神的なストレスを感じる看護師も少なくないようです。特に執刀医や助手と相性が悪いなど、オペのプレッシャーと人間関係のストレスが同時に発生することもあるので要注意です。


オペ室勤務の求人先を探している看護師の皆さん、転職先探しなら看護師限定の転職支援サイトへのご登録が効率的ですよ。

看護師専門の求人紹介会社に登録すると、一般には公開されていないレアなオペ室勤務の非公開求人も紹介してもらえます。非公開求人には求人数が限られた条件の良い求人情報が多数あるのでオススメです。

<オペ室の看護師ってどんなことしているの?のまとめ>

  • 手術中は器械出しと外回りが主な仕事である
  • 器械出しは医師への直接介助でメス等を手渡す
  • 外回りは出血量のカウント、輸血液や薬剤の用意
  • オペ前は手術の準備や患者さんの情報収集とケア
  • オペ後は手術室の後片付けと患者さんのサポート
  • ハードワークなので心身がタフでないと務まらない
  • やりがいのある仕事だが給与レベルはさほど高くない

夜勤専従看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ

このページの先頭へ