夜勤専従看護師

准看護師の仕事内容について



医療に関わる仕事に就きたいと思ったとき、看護師という仕事が思い浮かぶ人は多いかと思いますが、看護師と並行して「准看護師」という仕事を初めて知るという人もいるのではないでしょうか。

准看護師は、戦後さまざまな事情から看護師が少なかった時期に、短い学習期間で業務に就くことができ、看護師をサポートできるように設けられた制度です。

看護関連の仕事についてより理解を深めたいという方のために、こちらでは准看護師になるための方法や仕事内容、看護師との違いなどについて解説していきます。


准看護師の仕事内容を教えて!

医師や看護師のサポートをする仕事

看護師は医師がスムーズな診療や手術などを行なうために、広い範囲でサポートを行なうのが主な仕事内容になりますが、准看護師は「医師と看護師」のサポートを行なうのが業務の中心となります。

診察に必要な医療器具の準備をしたり、患者の健康状態をチェックするなど、一般的に看護師の仕事とされる業務を准看護師も行います。

病棟での仕事も看護師と同様で、バイタルチェックや服薬指導、入院患者の家族へのケアなどが主な仕事です。

介護施設で働く准看護師の仕事内容は?

看護師も同様ですが、准看護師は病院やクリニックで働くほかにも、介護施設で働くケースもあります。

その場合も、健康チェックや服薬指導などといった業務内容は変わらず、介護士が足りない場合は食事介助や入浴介助といった業務を行なう職場もあるようです。

そのほか障害者福祉施設や訪問看護ステーションなど、准看護師が活躍できる職場はたくさんあります。


准看護師になるには?



看護科のある高校で学び、資格を取得する

准看護師になるためには、都道府県で発行される免許を取得する必要があります。看護科のある高校だと、3年間一般科目と並行しながら看護の勉強をして、准看護師試験に合格すれば准看護師として働くことができます。

高校のある都道府県で試験を受けなければならないというわけではなく、地方の看護科がある高校を卒業し、東京都で准看護師試験を受けることも可能です。

また、免許は試験を受けた都道府県で発行されますが、転居などで別の都道府県で働く場合でもその免許を活かすことができるため、勤務地が変わるからその都道府県で試験を受けなければならない、ということはありません。

高校を卒業してから准看護師の学校で学ぶ

准看護師の免許を取得するには、高校卒業後に専門学校で2年間学ぶことで准看護師試験を受けることができます。

ちなみに准看護の専門学校は高卒の資格が必要というわけではないため、中学卒業後に受験して通うことも可能です。

ただし、高校を卒業してから入学する人と同じ勉強をするため、受験においての難易度は高くなると考えたほうがよいでしょう。

准看護師から看護師へのスキルアップも可能

准看護師の都道府県知事免許を取得して実務に入り、3年以上の実務経験を得たら、正看護師へとステップアップすることも可能です。

正看護師の学校に通って看護師の国家試験に合格することにより、正看護師として働くことができます。

看護学校は全日制であれば2年、定時制であれば3年通うことになりますが、准看護師の実務経験が10年以上ある場合は、通信制の看護師学校養成所を選択することも可能です。

准看護師になるためのメリット

専門的な勉強をして試験を受けるのであれば、最初から正看護師を目指せばよいのでは、と思う人もいるかもしれませんが、それぞれのライフスタイルによっては准看護師として働くことにメリットを感じる人も多いようです。

ひとつは、看護師よりも早く資格を取得できるという点があります。


看護科のある高校であれば、高校卒業と同時に都道府県知事免許を取得でき、卒業後すぐに実務に入ることができますので、より早く働き始めたいという人にとってはメリットが大きいです。

そのほか、中卒でも准看護師になることができ、その後正看護師へとステップアップすることが可能なので、学歴のない人でも看護師を目指すことができるという点もメリットだといえます。


准看護師に必要なスキルは?



准看護師免許は必須

前述した准看護師試験に合格することは、准看護師として働くための必須条件となります。

准看護師試験は、学校で学んだことをきちんと網羅していれば合格できるレベルだといわれていますが、薬に関する知識や感染症など、医療に関する幅広い内容が出題されるため、努力なくしての合格はありえません。

看護師よりも短い学習期間で受験できるからといって、簡単だということではないのでしっかり意欲をもって学ぶ必要があります。

そのほかに求められるスキル

准看護師の業務に就くためには都道府県知事免許があれば問題ありませんが、そのほかにも准看護師に求められる要素はさまざまなものがあります。

まずはやはりコミュニケーション能力です。さまざまな性格を持つ患者と円滑なコミュニケーションを取るために、人と接することが得意であることは大きく役立ちます。

また、病棟勤務の場合は夜勤なども発生しますので、健康状態がよいこと、体力があることも重要です。業務において必要なこれらのスキルや要素は、看護師とほぼ同じだと考えてよいでしょう。


准看護師、看護師との違いは?



法律的な違いにはどんなものがある?

前述したことからもわかるように、准看護師は都道府県知事免許、看護師は国家資格であるという点において違いがあります。

そのほか法的な面の違いにおいては、わかりやすくいうと「看護師は自分の判断で行える医療行為がある」のに対し、准看護師は「医療行為において医師や看護師の指示のもとで行なう必要がある」という点が違いとなるようです。


採血や点滴といった医療行為についても准看護師が行なうことは可能ですが、その際かならず医師や看護師の指示を受けた上で行わなければならないということですね。

これに対し、看護師は厚生労働省の定めた範囲内であれば、自分の判断でこれらの医療行為を行えるということになります。

看護師と待遇的な違いはあるの?

医師や看護師の指示がないと医療行為が行えないとはいえ、実際の業務内容は看護師とほとんど同じです。

しかし特に病院やクリニックで働く場合は、給料面などの待遇において、看護師と准看護師で差が出るところがあります。


それぞれの資格を取得する上で必要となる年数や、試験の出題範囲の違いなどから、看護師のほうが難易度が高いという点で差が出てくるのかもしれませんが、実際に行っている業務はほとんど同じであるため、待遇面での差が出ないよう准看護師制度を廃止するべきだという声も上がっているようです。

とはいえ、介護施設など働く場所によっては、看護師と准看護師の待遇にほとんど差がないところもあるようですので、就職活動をする際には自分のやりたい仕事であるかはもちろん、待遇においてもしっかり確認した上で検討することをおすすめします。

まとめ

  • 准看護師は、看護師が足りなかった時代に設けられた制度
  • 医師や看護師のサポートが業務の中心だが、仕事内容は看護師とほぼ同じ
  • 准看護師になるには看護科のある高校か専門学校で学び、都道府県知事免許を取得する
  • 一定の実務経験があれば、准看護師から看護師にステップアップすることも可能
  • 准看護師として働くには、免許はもちろんコミュニケーション能力や体力も重要
  • 看護師と比較して待遇面に違いがある職場もあるが、ほとんど変わらない職場もある

夜勤専従看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ

このページの先頭へ