夜勤専従看護師

夜勤専従看護師の給料・収入について



給料が良いということで夜勤専従看護師を検討している方も多いでしょう。ですが、具体的にいくらくらいの給料・収入になるのかわからないという方もいるはず。

そこで、夜勤専従の看護師として働き始めた場合にどれくらいの収入が期待できるのかについてご紹介しましょう。

給料が良ければ夜勤専従看護師として働きたいと思っている方もチェックしてみてくださいね。


夜勤専従看護師の給料・収入について



夜勤専従看護師は少ない勤務日数でも高収入が期待できる働き方として非常に人気があります。夜勤といっても簡単な働き方ではありませんが、日勤に比べると収入面での条件が良くなるため、魅力も多いです。

具体的にはどれくらいの収入になるのでしょうか。

夜勤1回当たりの収入は?

どこで働くかによっても違ってきますが、一般的に1回目夜勤手当は2~4万円となっています。

高いところだと35,000円ほどの夜勤手当がつくところもあるため、一般的な職業で稼げる一日の給料と比べるとかなり高いことがわかります。


正社員ならばしっかり稼げるけれどパートやアルバイトはなかなか高収入が得られない職場もありますよね。

しかし、看護師の場合は夜勤専従だとどのような勤務形態だったとしても稼ぎやすいといえるでしょう。

月収・年収はどれくらいになる?

夜勤専従看護師として働くといっても過酷な職場が多いことから制限なく何日でも働けるというわけではありません。一般的には月に9回程度勤務する形になります。

これくらいの日数働いた場合どれくらいの収入になるのかというと、月収にして30万円~40万円ほど、年収は500万円以上です。


夜勤専従看護師として働いていた経験が長い方の場合、年収700万円ほどを目指すことも不可能ではありません。


夜勤専従看護師で高収入を狙うには?



地方よりも都市部の方が給料が高めに設定されています。とにかく高収入を目指して夜勤専従看護師を検討しているという方は地方の病院よりも都市部の病院で働くことについて検討してみましょう。

また、日勤のスタッフの場合は頑張りによって昇給することも可能ですが、夜勤専従看護師は昇給制度がない病院が多いです。そのため、採用された時の給与がずっと継続して支払われる形になります。


周りに比べて安い職場を選んでしまうとその給与が固定されてしまうので、できるだけ初めから高いところを探しておきましょう。

一般的に忙しい職場ほど給料が高く設定されています。看護師の場合は急性期の病院をチェックしてみると相場より高い夜勤手当が用意されていることも多いのでおすすめです。


ただ、この場合はかなり忙しいことを覚悟しなければならないので、自分に務まるかということも考えておく必要があります。

月に何回働けるか?

何回夜勤に入れるかということも確認しておきましょう。いくら夜勤手当が高く設定されていたとしても働ける日数が少ないようだと意味がありませんよね。

特別手当が出る病院もある

もう一つチェックしておいて欲しいポイントが夜勤専従看護師に対して何らかの特別な手当を用意している職場か?ということです。

ほとんどの病院ではこういった手当はありませんが、一部の病院では夜勤専従者として働いてくれている人に何らかの特別な手当を支給してくれるところもあります。


そういったところで働ければ通常の夜勤手当に加えて特別手当もつくので、かなりの高収入が期待できるでしょう。

夜勤専従として働き始めた場合の給与設定が通常の常勤看護師と同じとは限りません。夜勤専従の人に対しては賃金処遇が変わる職場もあるので、このあたりは気になっている職場の情報を集め、チェックしてみましょう。


大々的に求人情報誌・求人情報サイトにはこういった手当や賃金処遇が公開されていないところもあるため、その場合は直接求人元や求人サイトに問い合わせる必要があります。

ダブルワークもおすすめ

特にダブルワークを禁止していない職場で働いているのであれば掛け持ちをするというのも一つの方法です。

体力的にはかなり厳しくなりますが、もっと稼ぎたいと思っている方はこちらの方法も検討をしてみてはどうでしょうか。


働く両方の病院でダブルワークを禁止していないことが条件となっているので、このあたりは忘れずによく確認した上で検討してみてくださいね。


給料以外でチェックしたいポイント



夜勤専従看護師として働く場合はどの病院で働いたとしても高収入が期待できるのですが、とにかく給料が高いところだけを検討するというのはおすすめできません。

というのも、他の病院に比べて高めの給料が設定されている病院は業務内容が過酷である可能性が高いからです。


あまりにも忙しくてすぐに辞めてしまう人が多いという理由で少しでも条件を良くして1人でも多くのスタッフを獲得しようと努力しているのかもしれません。

病院によっては夜勤は昼間に比べると担当しなければならない業務量は少ないものの、ただでさえ少ない人数で業務を行う形になるため忙しい病院に入ってしまうとハードな業務内容になる可能性が高いといえるでしょう。


何となく夜勤専従看護師として働ければ仕事が楽になるような気もするかもしれませんが、職場での忙しさというのはどの職場を選ぶかによって大きく変わってくるので注意が必要です。

それから、自分でも本当に夜勤専従看護師を続けられそうか?ということはよく確認しておきたいですね。


高収入が期待できるということで夜勤専従看護師として働き始めた人の中には一日の勤務時間が長すぎて継続できなかったという方も多いです。 一般的に1回の勤務時間は16時間程度となっています。

途中で仮眠の時間もあるのですが、この時間にうまく睡眠が取れないようだと体力が尽きてしまう可能性もあるので、夜勤専従という働き方が本当に自分に向いているのかもう一度考えてみた方が良いかもしれません。


まとめ

  • 夜勤1回当たりの収入は2~4万円
  • 一般的には月に9回程度の勤務日数になる
  • 月収30万円~40万円ほど、年収は500万円以上になることも
  • 地方よりも都市部の方が給料が高い
  • 一部の病院では夜勤手当の他に夜勤専従者特別手当がある

夜勤専従看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ

このページの先頭へ