夜勤専従看護師

夜勤専従看護師の給料・収入について



看護師が夜勤をするメリットのひとつに、高給与であることが挙げれられると思いますが、夜勤専従看護師として働く場合はどうなのでしょうか。

夜勤専従看護師と言っても、多くの場合はパートやアルバイトといった雇用形態です。その為、日勤常勤として働くよりも稼げるの?と疑問に思っている方は多いはず。

夜勤専従看護師は、1回の夜勤手当は28,000円~35,000円がつきますので、病院によってふり幅は大きいものの、パートやバイトとは言え比較的どこも高給与が期待できるでしょう。

しかし、手当てが良い病院というのは、他よりも仕事が忙しい可能性がありますので、金額に惑わされてはなりません。また、まれに夜勤手当がつかない病院もありますので、注意しなくてはなりません。

また、働く場所によって給与額が変化することも忘れてはなりません。夜勤専従看護師に限った話ではないのですが、看護師として働く場合は地方よりも都市部の病院で働くほうが給与が良いです。

先にも述べたとおり、都市部は必然的に患者数が多くなりますので、給与は業務量に合わせて高額になっていると言えます。 とは言え、夜勤ですから日勤の仕事量に比べたら格段に楽に感じる日が多々あります。

1回の勤務時間は16時間と長いですが、その間2~3時間は休憩がとれます。仮眠をとることも可能ですので、夜の生活リズムに慣れてしまえば、働きやすい環境だと言えるでしょう。

経験や勤務年数によって、常勤の夜勤専従看護師として歓迎される場合もあります。常勤になりますと給料や待遇は良くなりますが、最低でも月8~10回の出勤が強いられますので、不規則な生活になりやすいといった面もあります。

月収は30万~40万円、年収は500万~700万円となっています。常勤の場合もパートやバイトと同様に、給与が高ければ高いほど仕事が忙しい傾向がありますので、自分の体力と相談しながら職場を選ぶ必要があります。

昇給については、常勤であってもあまり期待できるものではありませんので、その点はしっかりと踏まえた上で夜勤専従看護師を目指しましょう。

夜勤専従看護師は働き方や職場によって給料・収入は大きく異なりますので、求人情報をよくチェックしながら自分に合った職場を探しましょう。夜勤専従看護師の求人は、今大変人気があります。その為、良い条件の職場はあっという間に定員が埋まってしまうでしょう。

看護師専門の求人サイトでは、非公開求人というものがあります。応募者が殺到してしまうのを防ぐ為にも、求人サイトでは公開を制限して、より本気度の高い転職希望者に情報を提供しています。

夜勤専従として働くからには、妥協はしたくありませんよね。求人サイトには職場の忙しさと給料のバランスについて良く熟知しているスタッフもいますので、相談しながら納得いく求人探しができますよ。

仕事を探す際は、これらの条件を踏まえた上で就職先を探したいもの ですが、特に収入に関しては、自分の口から言いづらいこともあります。

そのような場合は、看護師求人サービスを利用すると、代わりにスタッフ が確認してくれるため、情報を集めやすくなるでしょう。

夜勤専従看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ

このページの先頭へ