夜勤専従看護師

夜勤専従看護師が知っておきたい夜勤関連の法律



看護師業界では、夜勤専従看護師という働き方が浸透してきています。夜勤専従は少し特殊な働き方ですので、過酷な労働を強いられ泣き寝入りしないためにも、労働基準法について把握しておかなくてはなりません。

ここでは、夜勤専従看護師が知っておきたい労働基準法の基礎知識についてご紹介したいと思います。

労働基準法とは、簡単に言うと労働する者に保障されている権利のことです。給与や有休、勤務時間など働く上で重要な事柄について法律で定められています。

夜勤専従看護師が働く際、最もポイントとなるのが「労働時間」です。看護師に限らず、労働時間は基本的に1日8時間が原則です。これは実働であり、休憩なども含めると拘束9時間といったところでしょうか。

しかし、24時間体制がとられる看護師の場合は、変則労働時間制という上記に反する例外も認められております。変則労働時間制とは、契約時に決めたトータルの労働時間内であれば、1日8時間を超えて働いても違法ではないという制度です。

では、変則労働時間制についてさらに詳しく見てみることにしましょう。

夜勤専従として働く場合、労働基準法の他に、厚生省が定めた診療報酬にのっとた勤務時間が取りきめられています。それは、月の勤務時間が144時間以内でなくてはならないということです。これは、休憩時間を含んだ時間です。

このため、夜勤専従看護師として働く場合は月に9回ほどの勤務が最大となります。しかし、30分程度の残業の場合は問題視されないケースもあります。

こうした法律が定められているのにも関わらず、近年は看護師不足の影響が加速し、労働基準法や上記の取り決めがきちんと守られていない医療機関も多くあります。

もしも、現在労働時間に不満を抱えているのなら、上司や医院長に相談してみてはいかがでしょうか。

労働基準法の話を持ちだされると、印象が悪くなってしまう恐れがありますので、体力的な問題を挙げて見ると良いでしょう。それが難しい立場にあるのでしたら、やはり転職を考えてみるほうが良さそうです。

職場によっては、契約時に勤務時間についてしっかりと説明されず、働いてから後悔する看護師も多くいますので、転職で失敗しない為にも、看護師に関する法律事に詳しい看護師専門求人サイトを利用しましょう。

夜勤専従は昼夜逆転の生活を送るということで、ただでさえ体調を崩しやすい環境にあります。そのうえ過酷な勤務環境が強いられてしまっては、一生働けない身体になってしまうかもしれません。

今後も看護師として活躍するためには、働きやすい勤務環境に身を置く必要があります。

夜勤専従看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ

このページの先頭へ