夜勤専従看護師

夜勤専従看護師が人気の理由



看護師として夜間勤務のみを行なう「夜勤専従看護師」の仕事が人気になっています。現場レベルでは夜勤を嫌う看護師が多いなか、夜勤のみというワークスタイルが人気になっている理由とはいったい何なのでしょうか?

夜勤専従看護師が人気になっているのにはいくつかの理由があります。そのひとつめが、「短時間で高収入が望める」という点です。

一般的なシフト制で勤務する看護師の給与を見てみると〔基本給+夜勤手当て=月給〕という構成になっていますが、この夜勤手当てが月給に占める割合が意外に大きいことに気付くと思います。

というのは、労働基準法では労働者が時間外勤務を行なったときには時間外勤務給(残業手当・超過勤務手当・時間外手当など)を支給すべしという定めがあり、雇用者は所定の給与の25%増しの給与を支払うことになっています。

さらに同じ労働基準法には午後10時から午前5時までの深夜の時間帯に労働した場合には給与の25%増しの給与を支払うという定めがあるため、〔時間外勤務給+深夜勤務手当〕となり結果的に50%増しの給与を受け取ることができるからです。

そこから夜勤専従看護師は夜勤のみで働くというスタイルのため、夜勤の時間帯なら給与の25%、深夜勤の時間帯なら50%増しの給与が受け取れるわけで短時間の勤務でも高収入が得られるということになります。

夜勤専従看護師が人気のふたつめの理由が「生活スケジュールが立てやすい」という点です。

一般のシフト制勤務の看護師は二交代・三交代制での就業を行なうため、仕事の始まる時間や終わる時間が日によってコロコロ変わってしまいます。

当然のことながら休日もシフト次第で変動するため、常に「何曜日が休日か決まっていない」、「何時から何時まで働くかが日によって違う」という状態になっているのです。

しかし、夜勤専従看護師の場合は夜勤で働くと決まっているわけですから勤務時間帯は一定しています。

加えてほとんどの夜勤専従看護師は出勤日も決まっているため、休日となる日や曜日も一定していて生活スケジュールが立てやすいというわけです。

夜勤専従看護師が人気のもうひとつの理由は「労働日数が少ない」という点です。 働く人のための法律である労働基準法では、労働者は月に144時間を超えて夜勤をしてはならないと定められています。

かりに1回の夜勤労働時間を16時間とすると月9日、14時間としても月10日までしか夜勤ができないということになるため労働日数は少ないということになります。

しかし夜勤には25%~50%増しの給与が付きますので、少ない労働日数でも収入は割高になりますから夜勤専従看護師には大きなメリットがあるわけです。

そのほかにも、夜勤専従看護師が人気の理由として

「病院内の人間関係のトラブルが少ない」
「日中勤務と異なり夜間は落ち着いて業務に集中できる」
「夜勤明けの時間を自由に使えて便利」といった感想や、
「短期間で貯金をするのに適している」
「ブランク明けの肩慣らしとして活用できる」

といった意見もあります。

夜勤専従看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ

このページの先頭へ