夜勤専従看護師

夜勤専従看護師の求人について



夜勤専従看護師は二交代制や三交代制に比べると体調の管理もしやすく、少ない勤務日数で高収入が目指せる働き方ということで人気があります。

実際に夜勤専従看護師として働くことを決めた方は求人の内容についてもチェックしてみましょう。


自分にとってベストな働き方と勤務先を見つけられれば最適な形で夜勤専従看護師という仕事に取り組んでいくことができますよね。

働き始めてから職場選びに失敗してしまった…と感じている方もいるので、事前に情報をよく確認しておくことが大切です。


夜勤専従看護師の雇用形態



通常の看護師の場合、常勤の正社員として採用されるのが一般的ですよね。ですが、夜勤専従看護師の場合は常勤として採用されるのは非常に難しいといえるでしょう。

そのため、パートタイムやアルバイトという形の雇用形態が基本となります。これはなぜかというと、夜勤専従という働き方は体にとって非常にストレスのかかる仕事であるため、正社員として雇うのが難しいからです。


常勤で働くのが絶対に不可能というわけではありませんが、多くの病院では非常勤という形で求人を出しています。

ただ、夜勤専従看護師は収入が高めに設定されているため、正社員ではないから稼げないということにはなりません。


しかし、どの職場でも非常勤よりも常勤を優遇する傾向にあるため、職場によっては働きにくいと感じることもあるでしょう。

常勤スタッフの負担を小さくするために夜勤専従の非常勤看護師を採用する病院が増えているのですが、パートやアルバイトという形で働く非常勤看護師に対してどのような待遇を用意してくれるか、福利厚生が受けられるかというのは病院によって考え方が違うのでよく確認しておく必要があります。

短期間勤務に決めるのもおすすめ

求人情報を探す際にはできるだけ長く働ける職場を探す方が多いでしょう。ですが、夜勤専従看護師は仕事内容が過酷になるため、長期間にわたって勤務を行うと体調を大きく崩してしまう可能性があります。

そのため、半年や1年という期間を決めて夜勤専従看護師に挑戦する方も多いようです。

長期的に働くことを考えるとできるだけ正社員として雇ってくれる職場を探したいと思うかもしれませんが、短期での勤務を検討しているのであれば雇用形態よりも勤務日数や労働条件の方法を細かくチェックしておきましょう。

短期のつもりで入ったものの、実際に働き始めたら自分に合っていたようで特に問題なく長期的に働けているという方も多いです。


給料はどれくらい?



病院によって大きく違うのですが、一般的には一日あたり2~4万円程度の報酬が期待できます。月額給与だと20万円以上になるでしょう。働き方によっては40万円ほどもらうことも難しくはありません。

しかし、ただ単に給料が高いから、という理由で夜勤専従看護師を選択するとついて行けない可能性があります。


夜勤専従看護師の仕事内容は過酷になることが多いため、1992年に行われた診療報酬の改定では「夜勤専従手当て」というものが盛り込まれました。

これは夜勤専従看護師は夜勤手当に加え夜勤専従手当てが受け取れるというものです。


ただし、これは必ずしも支給しなければならないものではないため、病院によっては受け取れないところもあります。

夜勤専従看護師として働く際にできるだけ収入にこだわりたいということであれば夜勤専従手当を取り入れている病院の求人情報をチェックしてみましょう。


しかし、約8割もの病院では支給されていないため、夜勤専従手当を取り入れている病院を探すのはなかなか難しいことといえます。


夜勤専従看護師の勤務先とは



主な職場になるのは病院関係です。一般的な病院のほか、総合病院や専門病院、医療センターなどで需要があります。こちらで働く場合、夜勤の仕事は病院の巡回や点滴の準備、配薬の準備などとなっています。

また、有料老人ホームや介護老人保健施設、老人保険介護施設といった老人施設関連でも夜勤の看護師を募集しているのでチェックしてみてくださいね。


こちらは病院に比べると急変する患者さんも少ないイメージがあるかもしれませんが、スタッフの数は病院の方が多いケースがほとんどです。

病院よりも少ない人数で夜勤をしなければならないため、やはりある程度の経験が求められます。


勤務先を探す際には自分に合っているかどうかということをよく考えておくことが大切です。その際にはその職場で求められる知識やスキルが自分にあるのか確認しておきましょう。

夜勤専従看護師として働き始めると日勤の職場に比べて少ないスタッフで業務を行わなければならないため、求められることも多くなります。


新人看護師の方などは知識不足、技術不足が原因で夜勤専従看護師という働き方を諦めてしまう方もいるので、ある程度の経験を積んだ上で夜勤専従看護師という働き方を検討した方が良いですね。

特に救急外来で働く場合、看護師としての高いスキルが求められるので、十分な経験を積んできている人でなければ働けません。


ただ、職場によってはサポート体制をしっかり整えてくれているところもあります。かなり人手が足りていないところだとサポートがなくて大部分を自分で判断しなければならない可能性もあるので注意が必要です。

看護師転職サイトで求人情報をチェック!

ただでさえ人手の少ない夜の時間帯に働くわけなので、安心して業務にあたれるように丁寧なサポートを用意しているところを選んだ方が続きやすいでしょう。

自分が検討している病院や老人施設でどのようなサポート体制が用意されているのかというのは実際に働き始めてみなければわからないところも大きいです。


しかし、看護師専門の求人会社などではそういった内部事情も把握しているところが多いので相談してみてくださいね。

特に初めて夜勤専従看護師として働こうと思っているという方は職場選びが何よりも重要になります。

まとめ

  • 夜勤専従の雇用形態はほとんどパートタイムやアルバイト
  • 職場によっては夜勤専従手当てがある
  • 病院関係、老人施設関連で働くのが一般的
  • 夜勤専従看護師の業務内容は日勤よりも多い
  • 職場によってはサポート体制が違う

夜勤専従看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ

このページの先頭へ