夜勤専従看護師

夜勤専従看護師を辞めたくなるのは、どんな時?



夜勤専従看護師として働いてみた者の中には、思っていたよりも働きやすいと感じる人もいれば、短期間働いただけですぐに辞めてしまう人もいます。夜勤専従は特殊な働き方ですので、人それぞれ合う合わないがあるのは当たり前です。

ですが、現在働いている夜勤専従看護師の中にも、転職した方が良いのかな・・・?と、強く感じる時が多々あるようです。ここでは、夜勤専従看護師が仕事を辞めたくなる問題点について見ていきたいと思います。

まず、辞めたくなる理由として最も多いのが「労働環境の悪さ」です。看護師の求人情報を検索してみると、一見どこも働きやすそうな勤務環境が見てとれます。勤務時間・日数や福利厚生・待遇など、普通は記載されている情報を信用し応募しますよね。

しかし、ふたを開ければ看護師不足のために、無理なシフトを組まれたり、労働基準法に違反するような労働環境を強いられている看護師は少なくありません。

また、「人間関係でのいざこざ」を挙げる人も多くいます。看護師は独特の雰囲気を持っている人も多いので、良い人間関係を築きたいと思っても、そう上手くはいかないものです。

その上、夜勤専従看護師は、日勤に比べて勤務人数が少ない為、狭い世界の中で一度関係を悪くしてしまうと修復は難しくなります。

でも、あまり人と関わるのが得意でないという方は、夜勤ならではのフラットな人間関係に居心地が良いと感じるかもしれませんね。

そして、最後に「激務」であることが挙げられます。働く場所や病院によって異なりますが、オペや緊急患者の受け入れが多い病院の場合は、夜勤専従であっても過酷な労働量になります。

休憩や仮眠時間がとれると言っても、その間に呼び出しがかかってくることもありますので、心身ともに休める勤務環境は望めません。 栄養ドリンクを飲まなきゃやってけないと嘆く看護師も少なくなく、このような激務をこなすうちに体調を崩し、働ける状態ではなくなってしまったという看護師もいます。

また、しっかりと体を休めることができないと頭や体がフラフラな状態になりますので、医療ミスに繋がるリスクが高まります。

これら三つ問題は、看護師専門の求人サイトを利用することで避けることができます。夜勤専従看護師の求人はそう多くありませんが、求人サイトには非公開求人として一般の人には見られない好条件案件が揃っています。

求人支援サービスも様々あり、専任コンサルタントから気になる職場のリアルな口コミも聞きだすことが可能です。無料で登録できますので、最新の求人情報をチェックするつもりで気軽に利用してみてください。

夜勤専従看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ

このページの先頭へ