夜勤専従看護師

夜勤専従看護師としてたくさん働ける診療科とは?



夜勤専従看護師として働く場合、パートやアルバイトでの募集が多いため、掛け持ちをして働いている人がほとんどです。

そのため、体力的な問題や金銭的な問題から、夜勤専従看護師として常勤で働くことができる病院を、探している人は多いのではないでしょうか。

現在働いている職場で、勤務日数を増やしてもらうことができれば、 そのまま働くことも可能ですが、なかなかそうはいかないものです。 このような理由から、できるだけたくさん働くことができる職場を、 常に探している人が増加しているといえるでしょう。

それではまず、夜勤が多い、もしくはシフトを多く入れてくれる可能性が 高い診療科についてみていくことにします。代表的な診療科として挙げる とすれば、ICU、CCU、ERなどでしょうか。

一般の病棟よりも需要が高いですし、患者さん2人につき1人の看護師が 必要なことから、常勤もしくは常勤に近い形で働くことが可能です。 ただし、かなり多忙となりますので、その点だけは覚悟しておいた方が よいでしょう。

また、ICU、CCU、ER以外でも、夜勤専従看護師を募集している病院が 増えています。例えば、介護系の施設や認知症専門病院、精神科病院、 ケアミックス病院、亜急性期病棟などがそうです。

特に病院や診療科にこだわりがない場合は、上記の点を参考として 求職活動と行うことにより、転職先もしくは就職先が見つかりやすく なるといえます。

それから、考え方によっては、1人で夜勤に入る病院の方が、 たくさん働けるのではないのかと考えてしまうことがあるといえます。

しかし、1人勤務は交代要員がいないケースが多く、急な休みをとる ことが難しいなど、デメリットが存在します。

それだけではなく、 病棟によっては複数人の患者さんの容態が急変し、すべての対応を 任されることがありますので、休憩や仮眠がとれないこともあるようです。

このように、様々な側面から見てみると、夜勤専従看護師として 常勤並みに働くことは難しいのではないのかと考えてしまいますが、 必ずしもそうとは限りません。

なぜなら、看護師専門の就職支援サービスを利用することによって、 豊富な求人数の中から仕事を探すことができるからです。

夜勤専従看護師の求人自体は、需要があるもののあまり表に出てくる ことはありません。しかし、看護師の求人を専門的に扱っている 支援サービスであれば、こちら側の細かな条件を確認した上で、 複数の求仕事を紹介してくれます。

ですから、自分の要望を明確にした上で、一度支援サービスを利用して みてはいかがでしょうか。専門のコンサルタントが、適切なサポートを 行ってくれるといえます。

夜勤専従看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ

このページの先頭へ